1. 中古オフィス家具の専門店-天下一トップ >
  2. >
  3. ホワイトボード【新品】

ホワイトボード【新品】

オフィスや学校など、あらゆる環境で活躍しているアイテムのひとつ、ホワイトボード。
情報の共有やプレゼンテーションで強調したい部分の説明など、その利用方法は様々です。

使用目的により合わせてカレンダーがあらかじめプリントされている製品など、様々なタイプがございます。
また、同じように見えるホワイトボードですが、選ぶ際に注目したい点として、表面の仕上げ方法があります。
ホワイトボードの表面の仕上げ方法は大きく分けて2種類あります。
スチール製のホワイトボードの場合は、表面がアクリル塗装されているタイプが主流となります。
アクリル塗装によって表面が滑らかになり、書き消しがスムーズなのが特徴です。

もうひとつが、ホーロー製のホワイトボードに採用される、表面にガラス質の特殊な薬剤を焼き付けるタイプです。表面がガラスのような性質で覆われているため、より硬度が高く滑らかな書き心地となり、耐久性にも優れているのが特徴です。
アクリル塗装仕上げのホワイトボードに比べると価格的にやや割高にはなりますが、長く使用できることを考慮した場合、結果的にコストカットにつながるかと思います。

ホワイトボードの構造も大きく分けて2種類になります。
ひっくり返して両面に書くことができる両面タイプと、片面のみホワイトボードになっている片面タイプです。
ひとつのスペースでたくさん書くことができる両面タイプは、学校やオフィスで一般的によく使用されているタイプとなります。
片面タイプは壁掛けタイプが主流となりますが、脚付きで小さめの片面タイプのホワイトボードもございます。脚付きの片面ホワイトボードは、例えば飲食店などの日替わりメニューであったり、大きな会場での方向を示す矢印などの案内を書き込む場合などに活躍します。
価格的には、片面タイプの方がお求めやすくなっています。

オカムラ(岡村製作所)製「アルトトークシリーズ」のスタンドボードのように、片面はホワイトボードで、もう片面がスクリーンになった製品もございます。
スクリーンとしても使用できるため、プロジェクターなどを使用する会議やプレゼンテーションで活躍します。

ホワイトボードの設置については脚が付いたタイプか、壁掛けタイプに分かれています。
脚付きのタイプは、ほとんどの製品が移動に便利なキャスター付きで、両面タイプのホワイトボードとなっています。
小さなスペースで使用する場合や移動させる必要のない場合は、書くスペースが片面のみにはなってしまいますが、場所を取らない壁掛けタイプがおすすめです。

情報の共有、発言や意見、考えやポイントを文字や図として可視化することで、より理解しやすく思考が整理され、生産性アップにもホワイトボード は役立ちます。
サイズや仕様など様々なタイプがございますので、目的や環境に合ったものをお選びいただければと思います。

このページのトップへ