1. 中古オフィス家具の専門店-天下一トップ >
  2. >
  3. >
  4. 3段ワゴン

3段ワゴン

オフィスで欠かすことのできないアイテムのひとつ、デスクワゴン。
そのなかでもよく見かけるタイプが3段ワゴンで、インワゴン、サイドワゴン、サイドキャビネットなどと呼ばれることもあります。

1段目にはペンや小物類を整理できるトレー付きのタイプが多く、2段目はやや深めで書類や書籍、ノートパソコンなどの収納に適しています。
3段目はA4ファイルがそのまま収納可能な深さのある引き出しとなっています。
ほとんどの製品が鍵付きで、ひとつの鍵で1箇所を閉めると3段ともロックされる仕様がスタンダードです。また、国内メーカーの製品は基本的に、ラッチ機構が標準装備されています。

サイズは横幅40cm・高さ61cm〜65cmが一般的なサイズです。
設置スペースにあまり余裕がない環境に対応した、横幅30cm前後のワゴンも各メーカーから販売されています。
コンパクトで足元を広く使えるといったメリットはありますが、横幅40cm前後のワゴンであればA4ファイルボックスを横向きに収納することができます。
ファイルなどの出し入れが多い、または収納スペースに余裕が欲しい場合は、やはり横幅40cm前後のワゴンがおすすめです。

高さ65cm前後のワゴンは、センター引き出し付きの平机の下に収まらない場合がございますので、机の間口の広さ・高さをよくご確認の上お選びください。
デスクワゴンに限らず、オフィス家具はパッと見は同じように見えても、メーカーによって細やかなデザインや機能の違いがございます。

たとえば、オカムラ(岡村製作所)製「プロユニット シリーズ」や「プロステージ シリーズ」、イトーキ製の「インステート シリーズ」のワゴンなどには、引き出しの取っ手がサイドに設けてあるタイプがあります。
比較的、全面に取っ手があるものよりも軽い力で開閉できるような配慮もされています。
こちらはシャープでフラットなフェイスデザインが特徴的で、すっきりとした佇まいが空間を整えるような印象を受けます。

カラーバリエーションは広く使われているデスクに合わせたホワイトカラーが目立ちますが、洗練されたシルバーカラー、空間を演出するアクセントカラー、ナチュラルな木目テイストなど、様々なタイプもございます。

このように、メーカーやデザインによって使い心地はもちろんのこと、空間に与える印象に変化を与えることができます。

3段ワゴンという定番で長く使用していくアイテムだからこそ、ちょっとした違いに注目してみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ