1. 中古オフィス家具の専門店-天下一トップ >
  2. デスク

デスク

クリックすると各サイズにスクロールします

平机

片袖・両袖デスク

ワゴン

脇机・L型・ラウンドデスク・木製デスク

平机

平机W1000以下

W1100

W1200

W1400

W1500

W1600

片袖・両袖デスク

W1000以下

W1100

W1200

W1400

W1600

ワゴン

2段ワゴン

3段ワゴン

脇机

L型・ラウンドデスク

木製デスク

こちらでは、オフィスデスクや収納スペースとして活躍するワゴンをご紹介しております。
オフィスチェアと同じように、オフィスデスクも使用環境や作業内容に合わせて選ぶことが大切です。

オフィスデスクを選ぶ際にはまず、使用環境の確認とスペース確保が必要です。
全体的な広さの確認から設置台数の確認、オフィスチェアを含め必要なスペースのシュミレーション、通路の確保などをしっかり行うことで、どのようなデスクを選ぶべきかがより明確になり探しやすくなるかと思います。

オフィスデスクのサイズ展開は横幅80cm〜18cmまでございます。
パソコンなどを使用する場合は、120cm〜140cmのデスクがおすすめです。
奥行きは60cm〜70cmが一般的ですが、メーカーによっては80cmの製品も販売されています。ノートパソコンやモバイル端末での作業であれば、奥行き60cmのタイプでも対応できるかと思います。

オフィスデスクの中で、もっともシンプルなタイプが「平机」と呼ばれるタイプです。
平机は袖(足元の収納スペース)が付いていないため、足元を広々と使うことができます。
一般的に耐久性に優れたスチール製のものが多く、軽量でレイアウトの移動もしやすいのも魅力です。また、比較的にお求めやすい価格のものが多く導入のしやすさも選ぶポイントのひとつかと思います。
平机の収納は、天板の下に筆記用具や書類などが入る浅めの引き出し付きタイプが多く、さらに収納が必要な場合は、収納ワゴンを組み合わせてカスタマイズすることが可能です。

デスクに固定された袖(足元の収納スペース)が片側、または両側にあるのが「片袖・両袖デスク」です。
同じサイズの平机と収納ワゴンをそれぞれ購入するよりも価格が抑えられるため、あらかじめ収納スペースが必須な場合は、片袖・両袖デスクがおすすめです。
袖の引き出しの一部はほとんどが鍵付きで、貴重品をしまっておけるので個人ロッカーとしての役目も兼ね揃えています。
片袖デスクのスタンダードなサイズは、横幅120cm×奥行70cmとなっています。
デスクトップパソコンを設置する場合は少し狭く感じるかもしれませんが、収納スペースを上手く活用することで対応することも可能です。
書類など紙資料を扱う作業が多い場合やノートパソコンでの作業であれば、じゅうぶんな大きさかと思います。
両袖デスクは片袖デスクよりやや横幅が大きくなるため、ある程度のスペースが必要となりますが、抜群の収納スペースが魅力です。
たくさんの資料を個人で管理する必要がある場合や、デスクの上になるべくものを置かないようにしたい場合など、デスクを広々と使いたい場合や収納スペースに余裕を求める場合は、両袖デスクがおすすめです。
ほとんどのデスクが電話機やパソコンなどの電源や配線コードを収納できる配線ダクト付きで、かさばりやすい配線類をすっきりまとめて収めることができるようになっています。

他にも製品によって細かい仕様の違いがございますので、より環境や目的に合ったデスクをお探しいただければと思います。

このページのトップへ