1. 中古オフィス家具の専門店-天下一トップ >
  2. >
  3. >
  4. 肘ナシOAチェア

肘ナシOAチェア

スペース効率を高めながら、快適な座り心地を求める方におすすめなのが肘なしチェアです。
左右から立ち座りができるので解放感があり、動作も大変スムーズになります。
シンプルなデザインの中に人間工学を取り入れ、長時間座ったままでも疲れにくい設計になっているもの、高さ調整やリクライニングなどの機能性、座面や背面の素材、柔らかさや大きさなど、メーカーによって様々ございます。

もっとも多くのオフィスチェアで使用されている素材は「ファブリック素材」。
しっかりとした布張りのもので、定番ともいえる素材です。

各メーカーでオリジナルのファブリック素材が開発されており、ニットなどを織り込んで質感に変化をつけているものなど、手触りや質感、カラーバリエーションや風合いの種類も豊富にございます。

スタイリッシュな高機能チェアによく使用される素材のひとつは「メッシュ素材」です。
しっかりと身体を受けとめフィットすることで体圧を分散させ、疲れを軽減してくれます。
軽やかな見た目であらゆる空間に馴染みやすく、なにより通気性に優れているため、座ったままの状態が続いても快適さを維持することができるのが特徴です。

「ウレタン素材」はクッション性と耐久性に優れています。吸いつくような質感で、安定感のある座り心地が特徴です。
ウレタン素材も数種類あり、使用箇所によって使い分けがされているチェアもございます。

見た目の高級感と耐久性に優れているのは「レザー素材」です。
使用環境によって長時間座っていると座面や背面に湿気がたまりやすくなったりと熱に弱い面はありますが、フェイクレザー、ビニールレザーなど、本革に風合いを近づけたものは汚れにも強く、お手入れもしやすいのが特徴です。
本革は手触りが良く、見た目の重厚感もやはり格別です。

機能性としては、当社で扱う肘なしチェアの多くが「ロッキングチェア」になります。
これは背面や座面が、体重をかけることで動く機能です。

ロッキング機能は大きく分けて3種類あり、背面のみが動くタイプ、背面と座面が同時に連動して動くタイプ、それぞれが別々に動くタイプと分かれています。

それぞれが別々に動くタイプは「シンクロ ロッキング」と呼ばれ、動きがより身体に合った自然なものとなり、ロッキングチェアの中ではもっとも快適に過ごせるタイプとなります。

ほとんどのロッキングチェアは強弱調整ができ、背面の硬さをかえることが可能です。
さらに背もたれの角度を好みに応じて固定する、「ロッキング固定機能」が搭載されているものもございます。

このように素材や機能の組み合わせで座り心地に変化があり、心身がよりリラックスした状態で過ごせることで、作業効率も高まります。

ぜひ、お選びになる際の参考にしていただければと思います。

このページのトップへ