1. 中古オフィス家具の専門店-天下一トップ >
  2. キャビネット・書庫

キャビネット・書庫

クリックすると各仕様にスクロールします

ハイキャビネット

ローキャビネット

クリアトレー

雑誌架・パンフレットスタンド

資料や書類などを整理・保管には、書庫やキャビネットの導入がおすすめです。
環境によっては書籍やキャビネットを上手く取り入れることでデスク周りの引き出しなど収納スペースが不要となり、足元などが広々と使えるようになるとともに、すっきり整った印象の空間を演出できます。

そんな書庫・キャビネットにはいくつかの種類がございます。
もっとも簡素なタイプとなるのが「オープン型」です。
収納物の出し入れがしやすく、価格もお求めやすくなります。

地震などの揺れで中身が飛び出してしまうおそれはありますが、扉の開閉スペースがなくても設置が可能となるため、空間にあまり余裕がない環境でも導入しやすいかと思います。

両側に扉がついた「両開き型」

鍵付きの製品が多くなりますので、セキュリテイ管理も気軽に行うことができます。
扉は透明または擦りガラスなどを使用した、中身が見えているタイプもございます。

こちらは扉を開閉できるスペースの確保が必須となります。
オープン型ほどではありませんが、両開きなので出し入れは比較的しやすいかと思います。

中心部の書類が取りやすい「引き戸型」

空間にあまり余裕がない環境で扉付きをお求めの場合は、スライド式の「引き戸型」がおすすめです。
片側ずつの開閉になりますので、やや出し入れしにくく感じられることもあるかもしれませんが、省スペースでセキュリテイ管理もできるので、より安全性の高いものをお求めであれば最適かと思います。

特に3枚引き戸型は、3枚の扉のうち2枚が開くため、通常よりも開口部が広くなり、収納がしやすいばかりか、取り出しも簡単になります。
実際に商品をご覧になったお客様には、3枚引き戸をお選び頂くことが多く、おすすめしたい形です。

ファイル類などの収納に適した「ラテラル型」

引き出し型のキャビネットは「ラテラル型」と呼ばれ、ファイル類などの収納に適しています。
扉付きと同様に、引き出すスペースの確保が必須となり、収納されたファイルなどの背表紙がパッと見渡せるのが特徴です。
資料やファイル類の整理整頓がしやすく、出し入れも比較的スムーズに行えるタイプかと思います。

コンパクトな「サイドキャビネット」、「ローキャビネット」と呼ばれるタイプは、個人で使用するのにちょうど良いサイズの、やや小さめの書庫・キャビネットです。
オフィスデスクの下やデスクサイドに設置できるタイプもあります。

それぞれのタイプを組み合わせてご使用になられるのもおすすめです。
また、あらかじめ組み合わせてある複合型の製品も多くございます。

書庫・キャビネットはサイズやタイプによって、移動が難しくなってしまうこともございます。

どのようなものをどのように保管しておきたいか、使用人数や設置環境、出し入れの頻度など、事前によく確認していただいてからの購入をおすすめいたします。

このページのトップへ